感覚過敏とは

視覚過敏 聴覚過敏 嗅覚過敏 触覚過敏 味覚・食感過敏の五つがある。

聴覚・視覚・触覚・味覚・嗅覚など五感すべての感覚領域で、さまざまな刺激に対して起こり、生きづらさを感じます。症状の現れ方は人によって異なり、ひとつの感覚だけに過敏症がみられる場合もあれば、複数にわたって生じることもあります。

生理痛が人よりも著しく重い

空腹の感覚が乏しく、食事をたびたび忘れる

気圧の変化に弱い

疲れているという感覚が分からない

体内感覚の不調は、専門医にかかっても異常がないと言われることが多い

本来であればその感覚を脳がコントロールしているが、うまく出来ない症状です。発達障害と診断される。

アメリカ精神医学会の診断基準『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』)において、発達障害の自閉スペクトラム症の特性のひとつとして感覚過敏性などの感覚異常。